PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

母娘肛姦 ~私のお尻に染みついていく雄の匂い~



私は、身も心も打ちのめされて、ぐったりとしていました。
膣穴と肛門からあふれる精液の感触が、おぞましくて仕方がありません。
そんな私に、母は一瞬だけ哀れみの視線を寄越しました。
それ以降は娘である私には目もくれず、男にしなだれかかります。
「ねえ……。 娘を捧げましたから……ご褒美をください……」
母の目も声音も、完全に “女” のそれです。
「仕方ないな。 約束は約束だし、吉乃にも情けを掛けてやるか」
男も母の腰に手をまわして、まんざらでもない様子。
若い娘の次に熟れた美女を抱けるとあって、丸出しの男性器は牡欲にいなないています。
「おおっと。忘れていた」
寝室に向かおうとしていた男は、ふと足を止めました。
前後二つの肉穴から精液を垂れ流している私の姿を撮影します。
「これをばらまかれたくなかったら、今後も俺の言うことを聞けよ。 まあ、おまえの母親はこんなだから、もともと逃げ場はないんだけどな」
母の腰にいやらしく腕を巻き付けたまま、男は今度こそ寝室へ向かいました。
それからほどなくして……母のふしだらな声が聞こえてきます。

どうして、こんな事になってしまったのでしょう。
ほとんど家に帰って来ない父。 いつの間にか愛人を作るようになってしまった母。
そして、その母が見たことのない男性を連れて帰り、私は……
(私…… こんなに汚されちゃった……)
閉ざしたまぶたからは、涙が止めどなく流れ続けていました。

母娘肛姦 ~私のお尻に染みついていく雄の匂い~
体験版(Holyseal ~聖封~)
近親母姦 ~今日もまた、お母さんがぼくを求めてくる~
少女洗脳 ~可愛いあの子が僕の愛ペットになってくれるまで~
放課後野交授業 美貌母娘の特別レッスン
モン娘ハート ~搾精されるは世界のためっ!?~
牝贄プロジェクト ~新人OL、社畜の刻印~ 彼女はカエレナイ
悦楽剤 ~人妻は媚薬で母乳を垂れ流す~
催淫調教 ~孫の身体はみんなの玩具~
ナマイキJKに復讐の性活指導 ~先生、お願いだからもう許して…~
隣妻 ~昼下がりの背徳搾取~

ブログパーツ


(C) スピンドル

| 2013.12発売 | 00:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白濁姉妹 ~生意気なあの娘の顔にぶっかけろ!~



次々と襲い掛かる男たち、理不尽な凌辱の連続!!

香坂彩 (こうさか あや) は1歳違いの姉・舞とは、親友とも言えるほど仲が良かった。
隣に住む鷹藤家とは家族ぐるみの付き合いで両親共に仲が良く、鷹藤悠人・隼人の兄弟とは幼い頃から何をするのも一緒だった。
そんな4人は共に、私立青北(せいほく)学園に入学。
いつまでも変わらないように思われた4人の関係だったが、いつしか彩は兄として、先輩として慕っていた悠人に恋心を抱く。
また、同じように隼人は彩に想いを寄せていたのだった……。

そんなある日、彩は下校中、突如道端で何者かに襲われてしまう。
誰にも知られたくない、忌まわしい事件――
それ以来、彩は男たちに乱暴されたことを家族や姉、幼なじみには知られたくないと健気に振舞う。
しかしそんな彼女に、さらなる理不尽な凌辱が襲い掛かる……。

そしてまた、時を同じくして鷹藤兄弟の間にも、不穏な空気が流れていくのだった……。

濡汁3作目『白濁姉妹~生意気なあの娘の顔にぶっかけろ!~』鋭意製作中!
体験版(Holyseal ~聖封~)
学園愛辱小夜曲 ~終わることのない絶望の宴~
学園淫辱輪舞曲 ~純潔の乙女が淫らな牝へと堕ちるまで~

ブログパーツ


(C) 濡汁

| 2013.12発売 | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

肉牝R30 ~肉欲に堕ちた牝たち~



もっと、淫らに……してください……。

裕福な一族に生まれ何不自由なく育ってきた主人公・手代木直樹 (てしろぎ なおき)。
しかし大学生の時、突如として両親が離婚。 原因は一族の権力争い。
そんなくだらない争いで母を失い家族は崩壊。 結果引きこもるようになった直樹。

あれから10年以上引きこもり、30歳を迎えようとしたある日、父の命令で一人のメイドが直樹のもとへやって来た。
そして、30歳まで童貞を貫けば父の後を継いで大企業の経営者、いや、一族を率いる当主になれる と言うのだ。
そのためにメイドが童貞を守るテクニックを教えてくれると。
権力者になれば、母を呼び戻し幸せだったあの頃に戻れると思った直樹は、メイドの訓練と称するエッチなテクニックを受けることになる。

ついに30歳を迎えるまであと数日。
当主の座を引きこもりの直樹に渡したくない義母・由利子、直樹が好きで他の女に童貞を奪われたくない義妹・涼香、
次の当主を狙う副社長派の刺客の秘書・春日美紀といった巨乳女たちが、直樹の童貞を狙い奪い合いを開始する。
しかし直樹は、訓練のおかげでエッチな誘惑をはねのけ無事に当主に就任し、今度は俺のターンとばかりに童貞を狙った牝巨乳たちを童貞チンポで堕としてゆく。

いまや絶対権力を持つ直樹。 果たして彼の夢であったあの楽しかった日々は訪れるのか?
快楽の果てに、その夢を掴むことが出来るのだろうか……

肉牝R30 ~肉欲に堕ちた牝たち~
体験版(Holyseal ~聖封~)
ミニパイくれ~ま~ 文句を言いたいのにおっぱいが感じちゃう
モーレツ☆にゃん×2 クリニック ~女医とナースがマンモスギザエロE→~
わがままミルクDEしてあげる ~エッチなお姉さんたちとのドピュドピュホームシェア生活~
エロティ課 誘惑研修はじまるよ~ しごいちゃうから覚悟なさい!
アルバイトの先輩の女のコに仕事を教わっていたら始まっちゃうHな関係。
禁断の病棟~特殊精神科医 遊佐惣介の診察記録~
最終痴漢電車3
マジカルウィッチコンチェルト
マジカルウィッチアカデミー~KAGUYAコレクション~
夏神~KAGUYAコレクション~
最終痴漢電車2~KAGUYAコレクション~
瀬里奈~KAGUYAコレクション~

ブログパーツ


(C) アトリエかぐや

| 2013.12発売 | 01:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南国搾乳☆みるくアイランド娘。~発情篇~



正月に地元に帰省した俺は、ちょっと危ない(?)カニ漁のバイトに誘われた。
しかしバイト中、運悪く船から投げ出され……あっという間に荒波に呑まれてしまった!
俺、沈んでるのか? 海の中は薄暗くて静かだった。
白いモノが見えた。 イルカ?
えっ、……嘘っ、女の子?

目覚めると、……って、……えっ!? 砂浜に転がってる俺を数人の女の子が取り囲んでいた。
……しかもパンツが膝まで降ろされてチンチンを触られている! なぜ、こんな状況に !?
戸惑う俺の目の前には、冬の海ではなく……まるで…、そう…南国のような景色が広がっているではないか!
島にはスク水の女の子や、果ては人魚(!?)まで、南の島の天然系美少女たちが住んでいた。

女の子のおっぱいから搾乳する施設のある島に住む彼女たちは、島の不思議な力が作用しているせいか、精液を飲むと、その精液の持ち主に対して発情してしまうのだ!
一歩進めばエロいことに遭遇するという天賦の才を持っている俺は、この島でも例外なくエッチなハプニングに巻き込まれていくのであった……。 ( ^ u ^ )


南国搾乳☆みるくアイランド娘。~発情篇~
万引き、ダメ。絶対!! ~清楚な万引き女子・クラス全員2本挿し!ダブルω計画~
せーえき瞬間っ!移動?! ~遠隔操作魔法で、いつでもどこでも膣内射精(なかだし)!~
南国さく乳アイランド~妊娠させて!? 乳搾り~

ブログパーツ


(C) MBS TRUTH

| 2013.12発売 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戦場のフォークロア ─亡国の騎士団─



神聖歴1221年。 サフル大陸を支配するヴァンダル王国に、ひとつの転機が訪れた。
前国王の路線を引き継ぎ、異民族に対して寛容な態度を示していた若き国王・ジェームズ5世が、群臣の意見を聞き入れ、強硬路線に転じたのである。
“異民族の政治参加を禁じ、王政への反逆者を出した村は、老若男女の別を問わず、全員を居留地送りにする”
このように定められた 『フレミング法』 の施行により、各地で繰り広げられていた民族自決を求める運動は次第に下火になり、地下活動化していく。

それから7年後──
辺境の町・ラーイ市の警備隊長を務めるケネス・ミラーの下に、ある一報がもたらされた。
隣県で異民族の叛乱鎮圧にあたっていた第684教導隊が叛徒の一部を取り逃がし、ケネスの暮らすサイフォン州への逃亡を許したというのである。
第684教導隊からの協力要請を受けて、指揮下の警備兵を招集するケネス。
近在の異民族たちとは良好な関係を保っていたこともあり、早期に解決可能とタカをくくっていた彼だが、それは長く続く戦いの序曲でしかなかった。


体験版(Holyseal ~聖封~)
戦刃乙女 -マキナに宿りし心が願うは…-
空を仰ぎて雲たかくplus スペシャルパック
Chaos Labyrinth -ケイオスラビリンス-
神楽箱・弐
紅神楽 -くれないかぐら-
花咲く乙女と恋の魔導書(グリモア) スペシャルパック
神楽早春賦
神楽幻想譚 ビジュアルファンブック [スペシャルCD-ROM付] 初回生産限定

ブログパーツ


(C) でぼの巣製作所

| 2013.12発売 | 01:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT