PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プリンセスマテリアル



この物語は中世ヨーロッパをモチーフとした、錬金術が発展した大都市で幕が上がる――。
当時の貴族たちの間では、自らの愛人や性奴隷に淫靡なドレスを着せたり、淫らなパーティーを催すことが流行しており、一部の好事家の間ではその “ファッション性” や “過激さ” が競われていた。
これがいつしか社交界にも広まり、品評会として密かに広まっていくのだった。
淫らに着飾り、痴態を晒す少女モデルたちをいつしか貴族たちは “マテリアル”。
そして、その中でもとりわけ美しく淫らな少女たちを “プリンセスマテリアル” と呼ぶようになった。
プリンセスマテリアル――
それは、時に人としての尊厳を完全に捨て、仕える主を悦ばせるためのあらゆる要求・恥辱を嬉々として受け入れる、技術的にも精神的にも秀でた傾国の牝人形に与えられる称号。
その地位と名声を得たいがため少女たちは、人生逆転の夢を見て、自ら身体を差し出していった。

この物語の主人公は、ルーク・ヴァン・レティシード。
“錬金術” を修め、少女たちに淫靡な高揚をさせるドレスを制作する “デザイナー”。
ルークはまだ駆け出しだが、その腕は何人もの貴族に認められるほど。 彼にはいつしかパトロンが付き、自らのアトリエを開くことができた。
ルークにも、栄光を夢見る少女たちと同じように夢があった。
それは―― プリンセスマテリアルたちが集う大会で、自ら作り出した “作品” を優勝させること。
ルークは、その夢のために必要な女の子(マテリアル/原石)を発掘し、プリンセスになるべく教育するため、ひいては自分の夢のため、行動を開始するのだった。

プリンセスマテリアル


  体験版
PURE×LOVER -姉と幼なじみとH(ハーレム)なカンケイ- 初回限定版


ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP


(C) Xiguratt Works
関連記事

| 2014.10発売 | 08:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://erogame2010.blog100.fc2.com/tb.php/949-f05f2680

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT