PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鏡の国のお姫様が学園生活と恋を始めました



主人公・宮本拓真は夏休みの終わりに、幼なじみの花村郁と佐々木将人、親友の大藪怜子と、仲の良いいつもの4人組で夜の学園に忍び込んでいた。
それは、自分たちが通う樋ノ浦学園の七不思議の1つ “消える人影” について調べながら、肝試しをしようということになったためである。
“消える人影” に大いに関わっているであろう “大鏡” の場所まで進むものの、やはり鏡は鏡、特におかしな点は無かった。 だが……
大鏡に触れた拓真は、鏡の中に吸い込まれてしまった。

ただの興味本位で、ただの夏休みの終わりの思い出作り。 そのはずだったのだが、拓真は気付くと見たこともない場所にいて、見ず知らずの女の子を押し倒していた。
その女の子は、アクアナイト王国のお姫様 “サラ・アクアナイト” だった。
サラは、なぜか鏡の向こうに、拓真のいた場所に行きたがっていた。

他人に自分の将来を勝手に決められてしまった彼女を、拓真は自分の過去と照らし合わせてしまう。
自分もまた過去に将来を勝手に決められたことがあり、彼女に同感した。
それからサラは、拓真の家に住むことになった。

その夜 拓真は、サラがこれからこの世界で一人で生きていかなければいけないと人知れず泣く姿と、そう決意する姿を見てしまう。
拓真は、そんなサラの手助けをしてやりたいと強く思うのだった。


  
優しい魔法の唱え方 


ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP


(C) Felicia
関連記事

| 2014.06発売 | 03:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://erogame2010.blog100.fc2.com/tb.php/850-36ae0154

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT