PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

淫妖蟲 蝕~凌触島退魔録~ [きまぐレビュー]

夏休みも終わりに近付いたある日、退魔屋本舗黒猫支店に1本の電話が入る。
とある孤島で、海水浴に来た客が神隠しにあって困っているので、調査して、もし妖魔が原因なら退治して欲しい、という話。
どこにも遊びに行けなかった深琴達は大喜び。
伝承により、女退魔師しか入れられない孤島へと、深琴と武と水依は妖魔退治に向かう。
島にいる間、3人は依頼主でもある島長の家に世話になることになる。海水浴を楽しみ、しばし学生気分を満喫していた一行だったが、閉鎖的な島で調査と妖魔退治を続けるうちに、事件の背後に潜む強大な妖魔の存在に気付き…。



淫妖蟲 蝕~凌触島退魔録~


  体験版
淑母の疼き2 ~熟れた人妻から漂う“女”の色香~
攫ノ雌(サライノメ)
淫妖蟲 凶 ~久遠の姫巫女~
淫妖蟲 凶 ~凌触病棟退魔録~
艶蜜乙女 ~年上色気・年下初モノ! 全て楽しめるフルコースな5本~
逢魔ノ喰 ~聖に仕えし闇の偶像~
TinkerBell あおじる5本パック2
淑母の疼き ~人妻、未亡人の熟れた身体と甘い吐息~
TinkerBell 人妻園 ~俺が人妻好きになった5本~
TinkerBell あおじる5本パック
籠女の繭
凌成敗!~学園美少女制裁秘録~

ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP

単身不倫 ドキドキ★病んでミック


(C) TinkerBell


シナリオ     ★★☆☆☆
 前作では学園が舞台でしたが今作は孤島が舞台となっています。事の始まりは孤島での妖魔の調査と単純で分かりやすいです。といっても話そのものはものすごく短いです。プレイ時間の殆どはエロシーンで潰れてしまうでしょうね。エロシーンが目白押しなのでどこまでストーリー進めたっけ?とつい忘れてしまいそうになってしまいますが島で妖魔退治という一点だけ覚えておけばOKです。それほど話が薄いということですね。簡単に言えば孤島に行って妖魔退治をして捕まって犯られるそれだけです何の捻りもありません。でもTrue Endまでたどり着けば少しは楽しめるかもね。

キャラ      ★★★☆☆
 【主人公:白鳥 深琴(しらとり みこと) CV:涼森ちさと】


             【白鳥 深琴(しらとり みこと) CV:涼森ちさと】
本作のメインヒロイン 兼 主人公。
気が強く、明朗快活な美少女で、雷系の術と、日本刀を扱う能力だけは最強のドジっ娘退魔師。
仕事とはいえ、夏休みの海に行けると旅行感覚でウキウキしている。


             【白鳥 武(しらとり たける) CV:天天】
本作のサブヒロイン。
深琴の双子の妹で、参謀タイプの冷静沈着な、男装の麗人。風系の術や、結界が得意。
凌辱調教され、敵になった過去がある。現在は術で封印しているが、実は触手に調教された後遺症が残っている。


             【香山 水依(かやま すい) CV:佐倉凛】
本作のサブヒロイン。
退魔屋本舗黒猫支店に所属する事になった、内気で儚げな美少女。見習い退魔師として、武から水系の術や、呪符の使い方を習っている。
今回は見習い退魔師としての初仕事に、緊張している。


             【月白 菊花(つきしろ きくか) CV:あさり☆】
新ヒロインの式神使い。
桜花の双子の姉で落ち着いて知性的。
冷静な表情を崩す事は滅多にないが、桜花にだけは優しい表情を見せる。


             【月白 桜花(つきしろ おうか) CV:あさり☆】
新ヒロインの式神使い。
菊花の双子の妹で、無口で人見知りだが、小動物のような活発さを持つ。
内気でだが芯は強いので、菊花と離れてしまった時は1人で行動する積極さを持っている。



システム    ☆☆☆☆

 システム設定は、良くも悪くもTinkerBellって感じですね。セーブは100ヶ所と十分、テキストやサウンド設定も最低限の設定が可能ですが細かい設定は出来ないので自分にプレイしやすい設定をする事はできないです。バックログはメッセージウィンドウに表示されるタイプなのでログを探しにくいです。まぁ、バックログを見るといっても大して前まで戻ることはあまりないのでいいのですが個人的には好みではないですね。この作品は修正パッチが差分の不都合とBGMの不都合2つ配布されています。



プレイ画面

バックログ

セーブ

ロード


サウンド設定

テキスト設定

表示設定

サウンドモード


CGモード

回想モード

おまけ


総合      ★★☆☆☆
今回の作品はというか今回もですがやっぱり声優さんがダメでした。日常会話はいいのですがエロシーンになるとダメですね、まったくエロく感じない。エロシーンは基本的にゆっくり進めるのですがこの作品のエロシーンは駆け足で進めました。特に深琴と水依のエロシーンはサクッと進めちゃいました。深琴は主人公兼ヒロインでしたのでちょっと残念な気もしますがエロでエロく感じないのだから仕方ないし時間がもったいない。まぁ、DL版で税込¥3,240というのが救いですね。それとこのゲームはやたらとENDが多い一つENDをクリアすると次のENDが解放されるといった感じなのですごく面倒でした。短いストーリーとはいえ同じルートを何度も、しかも同じ選択肢を選ぶことになるんですよねそれで何が変わるのかといえばエロシーンが1~3シーン増えるだけなんだよねストーリー的にはなんも変わらん、う~んなんだかなぁ~無駄?って感じ。それでもなんだかんだで不満要素は多々あったものの普通に遊べたかな。もちろん触手凌辱系が好きな方はプレイして損はないと思いますが個人的には普通でした。地雷度70%

ブログパーツ 攻略(愚者の館)
※画像は解像度を落としています。
(C) TinkerBell
関連記事

| 気まぐレビュー | 22:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2016/08/10 17:27 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://erogame2010.blog100.fc2.com/tb.php/1002-e529e474

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。