≫ EDIT

ぶぢゅるぶちゅるッ! ~ふわとろ名器のおもてなし~



教えて? 気持ちいいところ

人間となんら変わりのない自立型ダッチワイフの開発に成功した主人公・雛里早貴 (ひなさと さき)。
彼は試作型として作られた “ひなと” の教育係として、会社から一ヵ月で完璧に仕上げるよう命じられ、一緒に暮らすことになった。
この期限の間に知識や肉感だけを得て生まれた “ひなと” が男性の相手をできるよう、男性器への奉仕、興奮させる言動、舐め方やコキ方を教えなければならない。
性に興味がない男性に対しても眠れる性欲を呼び覚ますような行為の教育を行い、ひなと を立派なダッチワイフへと成長させようと “実体験のない”主人公が奮闘する。

性感帯への調整と挿入を促す汁の調査、性と女のすべてを “ひなと” に学習させよう。

ぶぢゅるぶちゅるッ! ~ふわとろ名器のおもてなし~
体験版(Holyseal ~聖封~)
ベロレロレーロレ ~飴になった幼馴染の汁ってこんなに甘いのか!!~
メンヘラ歩理のヤまないおねだり ~ヘッドホンははずせない~
ぶるぶる
ヌキどきッ! ~天使と悪魔の搾精バトル~

ブログパーツ


(C) Grand Cru bourgeois
スポンサーサイト



| 2014.02発売 | 01:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベロレロレーロレ ~飴になった幼馴染の汁ってこんなに甘いのか!!~



舐めて、濡れて、べたべたしちゃう♪

昔から幼なじみの主人公を “おにいちゃん” と慕っていた音瑠は、いつまでたっても妹としか見てもらえず、恋の進展がなかった。
そこで、友達との間で噂になっていた “恋を叶えてくれるおまじない” を実行することに。
おまじないの方法は、好きな人からその人が一番好きな食べ物を3つ、3日間もらい続けるというもの。
さっそく主人公から食べ物をもらうべく、あの手この手で “飴玉” を奪う音瑠。

そして、運命の3日目。 彼女の身体に変化が訪れた!
なんと自分の体液が “飴のように甘くなってしまった” のだ。
どこが恋のおまじないかと不幸を呪った次の日、いつものように主人公にアタックしていると、自分の汗が甘くなっていることがバレてしまう。
仕方なくおまじないのことを告白すると、なんと主人公の一番好きな食べ物は “飴玉” ではなく “ショートケーキ” であることが判明してしまう。

とにかくおまじないを解きたい音瑠は、主人公に恋人ごっこをしてほしいと提案する。
幼なじみのお願い、そして飴のように甘くなった体液に興味を引かれた主人公は、その提案を面白がって承諾する。
こうして、ふたりの奇妙な恋人ごっこが始まるのだった……?

ベロレロレーロレ | Grand Cru bourgeois
体験版(Holyseal ~聖封~)
ぶぢゅるぶちゅるッ! ~ふわとろ名器のおもてなし~
メンヘラ歩理のヤまないおねだり ~ヘッドホンははずせない~
ぶるぶる
ヌキどきッ! ~天使と悪魔の搾精バトル~

ブログパーツ


(C) Grand Cru bourgeois

| 2014.01発売 | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |