≫ EDIT

瞳の烙淫4 ~悦辱の操心改造~



「今度は俺が頂点に立つ番だ」

“見つめた相手に錯覚を起こさせる能力”
人の常識すら改変してしまう絶大な力を持っていた主人公は、財閥系企業 『神庭』 の総帥に見込まれ拾われた。
自分では持て余していた力を存分に生かされ、彼はそれなりの充足感を得ながら、いつしか側近と呼ばれるまでに成長していた。
しかし、総帥の急死により孫の神庭姫紗羅 (かんば きさら) が跡を継いでからというもの、当然のように社内の空気は一変していく。
姫紗羅は先代とは違った手法で業績を伸ばし、先代を間近で見てきた主人公の目から見ても、その手腕は尊敬に値するものがある。
だが、そんな状況を彼は良くは思えなかった。
姫紗羅に匹敵する人材がいない今、やれるのは自分だけ。
問題があるとすれば、姫紗羅には何故か能力が通用しないこと、姫紗羅に近づいた者も能力が解除されてしまうこと。
そして姫紗羅は、主人公が何らかの特殊な力を持っているのではと疑いを持っているということ。
ゆえに、個の力で打ち負かすのは難しい。 右腕である朱月璃々香 (あかつき りりか) を使い、関係各所も利用しなければならない。
かくして主人公は、姫紗羅を総帥から引きずり下ろし下克上を図ることを決意する。

『瞳の烙淫4 悦辱の操心改造』応援中


  体験版
月光アルスマギカ -不可逆神域の少女たち-
瞳の烙淫3 ~双眸の洗脳調教~
瞳の烙淫2 ~絶対不可避の審媚眼~
瞳の烙淫~淫縛の牝奴隷~ 廉価版
蠱蝶の夢「もう、やめて……!これ以上私の精神(こころ)を穢さないで……!」

ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP


(C) WitchFlame
スポンサーサイト



| 2014.05発売 | 17:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |