≫ EDIT

湯けむりの背徳交姦 ~幼なじみは、兄嫁で、若女将で、未亡人でした~

[高画質で再生]


兄貴は――俺とよく似ていた。
顔が似ていたかどうかは自分ではよく分からない。 ただ、性格は似ていたと自覚している。
「これからどうすんだよ……兄貴のばーか」
兄貴が死んだ。 交通事故だったらしい。
「悠花……元気出せよ……」 「……っ!? 順平……!」
悠花。 俺の幼なじみで、兄貴の嫁。そして、好きだった女性。
作り笑いを見せる悠花。
「順平……帰って来てくれたんだね……ありがとう……」
「あ、あぁ……。葬式だからな……ありがとうなんて……べ、別に……」
「――なんて、言うわけないでしょっ……!」 「――?」
「……まったく、二浪してまだ大学2年とか……なっさけないわね。お兄さんに申し訳ないと思わないのっ!?」
「なっ……!」 「あんた、大学でサークルとか入ってなかったわよね? どうせ夏休みの間、予定も無く暇してるんでしょ?」
「いいわ。今日からしばらくの間、ここの従業員として働きなさいよ。そのあまったれた根性、たたき直してあげるからっ」


その夜。 仏壇の間から光が漏れているのが見えた。
「…………ん?」 片付けはもう終わったはずだけど……誰かいるのか? 気になった俺は、ゆっくりとふすまに手をかけた。
そこには、喪服姿のまま畳に横たわる悠花の姿があった。
彼女の周りには空のおちょこが転がっている。どうやら酒に酔って眠ってしまったようだ。 寝ている悠花を抱き起こそうとすると――
「んん……あぁん……ん、ん……あ、あなたぁ……? あれ……なんでぇ……?」
……? なんだ? 寝惚けてるのか?
「おい悠花、寝惚けてないで起きろって」 「いやだあっ……! いやだよぉ、寂しいのはもう嫌なのぉ……」
「ん~……ねぇ、あなたぁ……私、寂しいの……ん……だからぁ……いつもみたいに……寂しさ紛らわしてぇ……」
「お、おい、悠花っ」
「私を……抱いてぇ……」
気づいたら俺は、抱きつかれ押し倒されていた―――。


湯けむりの背徳交姦 ~幼なじみは、兄嫁で、若女将で、未亡人でした~
体験版(Holyseal ~聖封~)
美人女教師は、俺に逆らえない ~眼鏡の奥に秘められた被虐と淫欲
娘の親友JKとの淫交 ~こんな事が娘や妻にばれたら…~
悪夢のメルマガ ~堕ちた妹は還れない~
す、好きにしても…いいですよ? ~家庭教師と教え子のアブノーマルな関係~
姉撮 ~堕ちていくお姉ちゃんを助けられない僕~
りとるほーる ~俺の娘がこんなに……なハズがない
嫁の姉が巨乳過ぎて我慢できない ~義姉さんがこんなにエロかったなんて!
兄嫁・恥辱のタイムセール ~夫には言えない、秘密のパート~
姪奴喫茶~こんなに嫌いな叔父に奉仕させられるなんて~
妻の母との背徳淫姦~お義母さん、女房とするより興奮するよ~
義妹のネトリクリニック~妻の知らない入院性活
淫蕩情母~湯けむりに浮かぶ美母の肢体

ブログパーツ

(C) アパタイト
スポンサーサイト



| 2013.01発売 | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |