≫ EDIT

巨乳魔女 [気まぐレビュー]

21世紀、現代――。
主人公・辺出トモルは、付近では並ぶもののない大富豪・天摩家の洋館で働き始めたばかりだ。
本当ならば、同学年の連中はみな学園に通っているというのに、主人公は進学せずに天摩家で住み込み奉公人をしている。
別に学力がなかったわけではない。ただ、天摩家で働かなければならない事情があったのだ。
それも自分のせいではなく、両親が過去になしたことのせいで……。

けれども、そんな自分のことを主人公は不遇だとは考えていない。
「かわいそう? そうなのかな……? おれ、別に自分のことをかわいそうって思ってないよ」
こんなご時世にちゃんと働き口もあって住む場所もある。それだけで充分じゃないかと思う。
もちろん、天摩家の当主・厳一郎にはずいぶん厳しいことを言われているけど――正直、嫌われているみたいだけれど――それでも充分幸せだ。
執事の静女さんは怖いけど、黒服たちは賑やかだし、それに、何よりも聖詩流お嬢様が優しい。
これで優里亜お嬢様もいたら、もっと楽しかったのだろうけど。
聖詩流の姉・優里亜お嬢様は、一ヵ月前から謎の失踪中だ。

そんなある日、トモルの人生を変える出来事が起こる。
メフィストフェレスよろしく、とんがり尻尾の悪魔がやってきて、契約を迫ってきたのだ。
魂をもらう代わりに、願いを叶えてくれると言う。だが、トモルはファウスト博士ではない。
その声音、その眼差し。いつも見ているあの人に違いない。 トモルは、悪魔をじっと見てこう尋ねる。
「聖詩流お嬢様……ですよね?」







巨乳魔女
体験版(Holyseal ~聖封~)
巨乳ファンタジー外伝
巨乳ファンタジー2
巨乳魔女
歪んだ恋愛模様
電車内でなう。
ヤバい!―復讐・闇サイト―


ブログパーツ


(C) WAFFLE

≫ Read More

スポンサーサイト



| 気まぐレビュー | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |