≫ EDIT

明日もこの部室(へや)で会いましょう



キミの一瞬を、永遠に
主人公・樫尾光は、二紺ヶ原学園写真部の副部長。
カメラを好きになって5年目だけれど、いまだに “これだ” と思えるような方向性が定まらず、ここ半年ほどあまり良い作品が撮れないでいた。
そんなある日、写真部は学生会から廃部勧告を受けてしまう。
以前から、活動実績も乏しく人数も少ないのに、倉庫や暗室などスペースを多くとることが他部より批判を受け、学生会会議の場で議題に挙げられていたのだ。
このまま学生としての活動にふさわしい実績を出せない場合、写真部は廃部になってしまう。
そこで写真部部長のあずさは、全部員ひとりひとりに事態解決のための “目標” を決めていく。
だが主人公にだけは、何故か自分で考え自分で決めるようにと言った。

実績を得るためには、コンテストや学園祭での入賞を狙っていかなければならない。
しかも撮影対象を人物写真、それも “女の子” の写真を撮るようにと、顧問の先生と部長にキツく釘を刺されてしまう。
「女の子を魅力的に撮ることがあなたには出来る」 と言われたものの、おとなしい性格の主人公は声を掛けることすらままならず、失敗を重ねていた。
残る猶予はおよそ2ヵ月と少し。 その途中で行われる合宿までに被写体を決め、緊張しない程度には仲良くならないといけない。
いや、それ以前に目標を定めて、魅力的に撮りたいと思える相手を見つけるところからスタートしなければいけなかった……。

魔法少女みおん~魔生受胎の刻~



ブログパーツ


(C) ミルクプリン
スポンサーサイト

| 2013.07発売 | 04:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |