≫ EDIT

サムライホルモン



時は戦国、嵐の時代。 日ノ本は混迷し乱世が続いていた。
万民に幸福が訪れることは決して無く、常に死と隣り合わせの血生臭い世であった。
そして天下泰平を望む万民の願いは虚しく、 永禄元年―― 加速しながら歴史はさらなる戦の世に導かれていく。
尾張国では織田信長、甲斐国では武田信玄がその武力を見せしめ、対立する。

そんな最中、九頭竜川の東に小国・大津塚はあった。
わずかな領地に名乗りを上げたのは、神楽坂乃翁 ……初老の男。
誰しも、三日も持たず滅びるだろう…… そう予感した。
だが、小さいながらもその国が消えることはなかった。 なぜなら、誰にも手が出せなかったのである。
侵攻しようものなら天災が起こり、兵は病魔に倒れた。

「大津塚は “緋天の巻物” で護られている。攻め入れば末代まで祟られる――」

真偽のほどは定かではないが、信長公も信玄公も何処の武将も “触らぬ神に祟り無し” と判断し、相手にしなかった。

そして、永禄4年の春。 歴史の裏舞台で物語は紐解かれる。
鎮守の森に囲まれた小城 “大津塚” の殿中で、時の城主・神楽坂政親が首を斬られ、その亡骸が見つかった。
謀反を起こした罪人は、その夜謁見の予定があった浪人頭・堀紋十郎とされたが、家臣たちが長屋を訪れたところ、堀はその姿を消し大津塚から逃亡を図っていた。
時わずかに遅れ、家宝である “緋天の巻物” の喪失も判明し、大津塚城内は一気に慌ただしくなる。
嫡男・神楽坂小十郎太は、夜が明ける前に侍隊将数人を引き連れ、堀の行く先を追う。
御伽衆に草を放っていた風魔の一族も、“緋天の巻物” を手に入れるべく堀の行方を探る。

かくして、乱世の時代、その裏舞台で日ノ本は大きな転機を迎えようとしていた……。

新ブランド「くらむちゃうだ~」第一弾、「サムライホルモン」熱烈応援中!
体験版(Holyseal ~聖封~)


ブログパーツ


(C) くらむちゃうだー
スポンサーサイト



| 2013.09発売 | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |