≫ EDIT

すうぃ~と☆SwitcH ~まじわるシセンでとろけるカラダ~



主人公・高遠竜一がこの学園に入学してから 1ヵ月。 今や彼に声を掛けようとする者はいなくなっていた。
なぜなら彼には “学園一の素行不良学生” という烙印が押されてしまっているからだ。

べつに何も悪いことなんてしてないぞ。 人よりちょっと “目つきが悪い” だけなのに……。
いっそ期待通りにグレてやれば そっち方面の友達ができるかもしれないけど、それはそれで内申とか気になるし。
きっとこれから卒業まで、ぼっち飯が続くんだろうな……。

――なんて、そんな憂慮は “童貞卒業” と同時に吹っ飛んでしまった。
「ぜ、全部あなたのせいなんだから。 責任とってなんとかして!」
ひょんなことから知ってしまった、紗良・ラファージュ の “秘密” 。
それは、視線を向けられると興奮してしまう性癖の持ち主だということ。
特に “強烈な視線” を前にすると、ゾクゾクして発情までしてしまうということだった。

「いや、なんとかって言われても」
「決まってるじゃない、特訓よ! あなたの視線に慣れてしまえば、もう怖いものなんてないわ!」
「そのたびに……しちゃったらどうすんだよ……」
「そ、それは…… その時に考えましょう!」

いやいや、ほんとどうすんだよ……。

すうぃ~と☆SwitcH ~まじわるシセンでとろけるカラダ~


  体験版
お兄ちゃん、教えて…… ~義妹とヒミツの保健実習~
妻色少女 ~ふうふせいかつ、始めます~
アンモライト セレクトパックvol.1
夏色蜜汗 ~えっちな少女としたたる匂い~
催淫巨乳団恥妻 ~イケないのに…疼いちゃう…
淫艶の湯 ~三代の女将達との密交~
ワタシノオモイ ~愛情と淫艶と~
双性の姫君 ~ふたなり姉妹と魔王の求愛~
桃色恋恋(れんげ) ~姉妹とつむぐエッチな関係~
インモラル・ラヴァーズ ~嫁や義父には言えない家庭の情事~
ハブられ。

ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP

単身不倫 ドキドキ★病んでミック


(C) アンモライト
スポンサーサイト

| 2015.04発売 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏色蜜汗 ~えっちな少女としたたる匂い~



「えへへ……ほら見て? わたしのお股、こんなにドロドロになっちゃった……♪」
「はぁ、はぁ…… あ、ああ、そうだね……」
射精の余韻に浸りながら、少女のワレメをぼんやりと眺める。
摩擦で真っ赤になった縦スジは、2人分の体液ですっかり汚れていた。
「ん……まだでてきてる。 も~、先生ってばだしすぎだよ」

夏――
休みを使った生まれ故郷への里帰り。
ごく当たり前であろうそれは、しかし俺にとっては少しだけ事情が異なってくる。
俺には、ここに住んでいた頃の記憶がない。
まぁ大したことじゃない。 交通事故で記憶を失ったなんていう、掃いて捨てるほどよくある話だ。
だから里帰りというよりも、ちょっとした小旅行気分でやってきたんだけど……
けっこう歩いたのに誰ともすれ違わない。 やけに静かというか、人の気配みたいなのを感じないし……。
「お、あれは……」
学園だ。 夏休み中のはずだけど、校門は開いているみたいだな。
門が開いてるってことは誰かしら教員がいるはずだし、どこか泊まれる場所を聞いて……って待てよ、普通に考えて関係者以外立ち入り禁止だよな。
「……お、お邪魔しま~す……えぇっと、職員室ってどこに――」
「……んぅ……ん……くぅ……すぅ……」

――その光景を見た瞬間、思考が固まった。
木にもたれかかり、可愛らしく寝息を漏らす少女。
西日に照らされた面立ちにはどこかあどけなさが残っており、健康的な肌色によく似合っている。
そのくせ汗の滲んだその身体のラインは、わずかな女らしさも含んでおり、独特の色気を醸し出していて……。
立派な女性へと変わっていく長い階段―― その一段目にそっと足をかけたような、そんな少女がそこにいた

夏色蜜汗 ~えっちな少女としたたる匂い~


  体験版
催淫巨乳団恥妻 ~イケないのに…疼いちゃう…
淫艶の湯 ~三代の女将達との密交~
ワタシノオモイ ~愛情と淫艶と~
双性の姫君 ~ふたなり姉妹と魔王の求愛~
桃色恋恋(れんげ) ~姉妹とつむぐエッチな関係~
インモラル・ラヴァーズ ~嫁や義父には言えない家庭の情事~
ハブられ。

ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP

単身不倫 ドキドキ★病んでミック

(C) アンモライト

| 2014.11発売 | 09:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

催淫巨乳団恥妻 ~イケないのに…疼いちゃう…~



団地妻を、淫らに染めろ!

私は、この団地で自治会の会長をしている。 もちろん多くの人が暮らすマンションの自治会長だから、面倒な課題が山ほどある。
だが、団地妻を集会所に呼び出して、媚薬入りのお茶を飲ませるなんてことが出来るのも、“自治会長” という肩書のおかげだ……

「い、いいっ! 気持ちいいっ! おかしくなっちゃうくらいに…… 気持ちいいですっ」
「い、いくっ……いっちゃうぅ……。 いっちゃうぅぅ……」


私が荒々しく腰を打ちつける度、その人妻はあられもなく喚いていた。
強ばり切った肉杭を抉り込んでやると、男好きのする女体は喜びにくねっている。
こぼれ出た豊乳はゆさゆさと揺れ、その頂にある乳首からは母乳が噴き出ていた。

「なかなかよかったですよ、奥さん」

思い切り射精した余韻を楽しみつつ、私はニヤニヤと笑いながら新妻を見下ろしている。
私のモノは、もう一度したいとでも言うように、ひくひくと脈打っていた……

催淫巨乳団恥妻 ~イケないのに…疼いちゃう…~


  体験版
夏色蜜汗 ~えっちな少女としたたる匂い~
淫艶の湯 ~三代の女将達との密交~
ワタシノオモイ ~愛情と淫艶と~
双性の姫君 ~ふたなり姉妹と魔王の求愛~
桃色恋恋(れんげ) ~姉妹とつむぐエッチな関係~
インモラル・ラヴァーズ ~嫁や義父には言えない家庭の情事~
ハブられ。

ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP


(C) アンモライト

| 2014.10発売 | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

淫艶の湯 ~三代の女将達との密交~



「わたしお義兄ちゃんが好きなの。 ね、しよ?」
「老いたとはいえ、わたくしとて女。 殿方の悦ばせ方を忘れるほど齢を重ねた覚えはありませんよ」
「お嫌いですか? 外でする男女の営み。 あなたほどの若さならば、お好きだと思っていたのですが」

妻・美夜の実家の温泉旅館。 そこが今のボクの働き場所。 慣れない仕事に毎日くたくた。
そんなある日、気分転換でスマホをいじっていた時に、“催眠アプリ 使用は個人の責任で!!” の文字が!
怪しい、ものすごく怪しい。
疲れていて判断力を失っていたのか、悪魔が囁いたのか。 理由は判らないが、好奇心に逆らえずダウンロード。

「お義兄ちゃんお疲れさま~。 ん? なにしてるの?」
「お疲れさま眞子ちゃん。 なんとなく気分転換に “催眠術が使えるアプリ” っていうのをダウンロードしてみたんだ。 どうせジョークなんだろうけどね」
「へ~、そんなのあるんだ。 ねぇねぇ、わたしに催眠かけてみてっ。面白そ~だし。 ね? ね?」

そんな状況に、さらにたまたま顔を出した義母・瑞帆(みずほ)、義祖母・渚々音(ななお)。
話の流れで実際に催眠を掛けてみようという話になり……
“主人公のことを好きでたまらなくなり、見るとエッチなことをしたくなる”
などとトンデモ内容を眞子に提案され、乗り気の義母・義祖母にまで後押しされてしまう。
その時は案の定というか、掛かった気配はなかったのだが……

淫艶の湯 ~三代の女将達との密交~


  体験版
夏色蜜汗 ~えっちな少女としたたる匂い~
催淫巨乳団恥妻 ~イケないのに…疼いちゃう…
ワタシノオモイ ~愛情と淫艶と~
双性の姫君 ~ふたなり姉妹と魔王の求愛~
桃色恋恋(れんげ) ~姉妹とつむぐエッチな関係~
インモラル・ラヴァーズ ~嫁や義父には言えない家庭の情事~
ハブられ。

ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP


(C) アンモライト

| 2014.07発売 | 02:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワタシノオモイ ~愛情と淫艶と~



「……なに?」 「ううん、なんでもない」
テーブルを挟んで目の前に座っている男の子が、私の視線に気付いて顔を上げる。
芳貴くん――クラスメイトで、幼い頃からの友達。 そして、今は私の彼氏。
ずっと好きだったから、彼も同じ気持ちだったと知った時は凄く嬉しかった。
彼氏彼女の関係になってからというもの、毎日が楽しくて幸せ。

そんなある日――玄関のたたきには、お母さんの靴が脱ぎ捨てた感じで置いてあった。
それと見慣れない男物の靴が2つ……。 リビングのほうから聞こえてくるお母さんの喘ぎ声。
「あん、茉希。お帰りなさい」 「……ただいま」
リビングに行くと、お母さんがいた。 予想通り、知らない男の人たちとセックスしている。
嫌なもの見ちゃった。 お母さんも、いい加減にしてくれればいいのに。
たまにああやって男を連れて帰ってくることがあるから困る。 ほんと、男遊びが激しいんだから。
(もうっ、お母さんのバカ)
もう慣れたとはいえ、辛いことに変わりはなかった。
それになんというか……この声を聞いていると最近変な気分になってきちゃって、落ち着かないんだよね……。
お母さんのあの声を聞いていると、こっちまで変な気分になってきちゃうし……。
もしかして私……気になっちゃってる !? どうしよう……気になって……なんで……どうして……

ワタシノオモイ ~愛情と淫艶と~


  体験版
夏色蜜汗 ~えっちな少女としたたる匂い~
催淫巨乳団恥妻 ~イケないのに…疼いちゃう…
淫艶の湯 ~三代の女将達との密交~
双性の姫君 ~ふたなり姉妹と魔王の求愛~
桃色恋恋(れんげ) ~姉妹とつむぐエッチな関係~
インモラル・ラヴァーズ ~嫁や義父には言えない家庭の情事~
ハブられ。

ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP


(C) アンモライト

| 2014.06発売 | 01:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT