≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はるかかなた



突然出会った妹と ――キスをした。

「もしかしてこれ……きす?」
その少女は、そう言いながら “未来リスト” と名付けられた手帳に ○ をつけた。
そこには “キス” “家族に会う” “ネギトロお腹いっぱい” と書かれていた。
「いまの……きすじゃない?」
誤解なく言えば、あれはキスではなく人工呼吸。
展望台で倒れていた彼女を助けるためのとっさの行動―― の、はずだったのに。

「お兄ちゃん、お帰り――って、どしたの? 疲れてるように見えるけど……」
俺と妹の 結衣 は、小さな頃から二人で過ごしていた。
里親であるシスターの 朝陽さんは、結衣のために今日は赤飯を用意していた。
恥ずかしがる結衣を尻目に、俺は結衣の成長を感じることができて、少し嬉しかった。
あの少女が気掛かりで展望台に戻ったら、そこには違う女の子がいた。
一生懸命に、一人で凧揚げをしながら。
全然飛ばないその凧揚げを手伝うと、女の子は無邪気に喜んだ。
「あたしは 心音 っていいます。 今日からあなたのことを、敬意を込めて……先輩って呼んでいいですか?」

「あっ、かなたちゃん…… ありがとっ!」
街中で偶然会った幼なじみの の荷物を受け取って、少しだけ足を速めた。
今日も喫茶 『シトランテ』 からもらった食材と、内職で仕上げた荷物を両手にいっぱい。
小走りで肩を並べた雫の位置は、前でも後ろでもなくて、いつもどおり隣に半歩…… それが俺たちの距離だった。

「……また会った」
家に戻ると、そこには朝に展望台で出会った少女が立っていた。
少女の名前は はるか
はるかは、俺・かなた と同じ目、同じ髪、同じ雰囲気、そして俺が父親からもらった形見と同じ “青い羽” を持つ少女。
それもそのはず…… はるか と かなた は、双子の兄妹なんだから。
それが、はるかとかなたの……ちょっぴり不思議で、ちょっぴり切ない、恋物語のはじまりだった。

わたしのために泣いてくれて ―――ありがとう。

SORAHANE-ソラハネ- 第3作「はるかかなた」情報公開中!


  体験版
さくら、咲きました。 初回版
AQUA 初回版

ブログパーツ
Getchu.com アダルトTOP


(C) SORAHANE

≫ Read More

スポンサーサイト

| 2014.05発売 | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。